Mariko Yamada

Lesson

長く、楽しく、ピアノを演奏するために

Lesson

長く、楽しく、ピアノを演奏するために

腕、肩、腰が痛くて弾けない、疲れてしまう 大きな音が出ない音が浮いてしまう 思うような表現ができない 速いパッセージが弾けない和音が弾きにくい

小さなお子さんも

ピアノが楽しくない練習が嫌い 譜読みが苦手一人でできない 集中力が続かない

学生さんも

体も手も小さく大きな音が出せない 1の指のまむしが気になる 指先が反ってしまい凹んでしまう
表現したいことが音にならない 腕が痛くて弾けない 肩、腰に力が入ってしまい、弾いていて疲れる

金城学院大学文学部音楽芸術学科にて馬塲マサヨ先生のアシスタントとして学生の指導をしています。
入学当初は、自分に自信が持てず身体にトラブルや悩みを持っている学生が多いです。

こういった悩みも少しずつ奏法を変え、音楽の聴き方を変えていくことで、前よりも楽に弾けるようになり、深く音楽を表現できるようになっていきます。
自分に自信を持てなかった学生が、「癖」を取っていくことで自信をつけ、目を輝かせていく姿が私にとって何よりも嬉しいことです。
私自身も学生の時よりも、年齢を重ねた今の方が楽に演奏をすることができます。ピアノは若い時にしか弾けないものではなく、年齢を重ねても上達していけます。

また、導入の小さいお子さんや今現在伸び悩んでいるお子さんなども、馬塲マサヨ先生の指導法をもとに、ピアノが楽しくなる、譜読みが一人で早くできるようになる指導をしています。

さらに身体にトラブルをお持ちの方には、ピアノレッスンとは別に身体をゆるめるためのレッスンも行います。お悩みや症状をお聞かせください。

金城学院大学文学部音楽芸術学科
馬塲マサヨ先生

現在、プライベートレッスンは名古屋市名東区・緑区で行っております。

小さなお子さまから受験生、大人の方まで、幅広くレッスンしております。

お気軽に、お問い合わせください

(C) 2018 Mariko Yamada.